agaは治せる!?agaの仕組みと原因を把握しよう

agaは治せる!?agaの仕組みと原因を把握しよう


働き盛りの年代によく見られる薄毛

男性ホルモン型脱毛症のことをagaと呼んでおり、発症する年代は30~50代が中心ですが、早ければ20代から見られます。遺伝の影響で平均よりも男性ホルモン分泌が多い男性は発症率が高いです。不健康を促進する生活を続けていると、agaの進行に拍車をかけるので要注意です。agaは比較的気づきやすく、周りの同年代と比べて髪が薄いと感じることで自覚するケースが目立ちます。例えば20代であれば髪がフサフサの状態が普通ですが、ヘアスタイルが決まらないレベルまでボリュームが減退していれば、多くの方は薄毛だと気づくでしょう。ほかにも急に抜け毛の本数が多くなってきた場合も気づくきっかけになります。気づくタイミングは早いほどよく、予防対策を始める時期を早められるメリットがあります。

自覚したら何をすればよいのか

agaだと自分で思ったら、そのまま放置するのは得策ではありません。agaではない可能性も稀にありますが、ボリューム減少を実感している時点で頭髪に何らかの変化が生じていることが多いです。気のせいで済ませるよりも、薄毛かもしれないと考えることが早期対策・予防につながるのです。agaは自己で対策をするのが非常に難しいため、aga専門のクリニックで検査を受けてみるのがよいでしょう。他の脱毛症だと生活改善をしたり、ストレスを取り除いたりすれば髪が復活するケースはよくありますが、agaに関しては遺伝や体質が影響しています。自分で実践できるケアではボリューム減退を食い止めるのも難しいため、外用薬や内服薬を活用した薬物療法が必要になると考えてください。

agaを仙台で治療する場合、都市部のほうが治療をしているクリニックが多いです。駅周辺など見つけやすいでしょう。